園長コラム 
2019年度主題…ことばに満たされて〜ひびきあう〜

一覧へ

◎02月主題…協力する

年間主題聖句:

その人は流れのほとりに植えられた木。ときが巡り来れば実を結び葉もしおれることがない。

(旧約聖書・詩編 第1篇3節)

02月の聖書の言葉

キリストは、万物を支配下に置くことさえできる力によって、わたしたちの体を、御自分の栄光ある体と同じ形に変えてくださるのです。だから、わたしが愛し、慕っている兄弟たち、わたしの喜びであり、冠である愛する人たち、このように主によってしっかりと立ちなさい。

(フィリピの信徒への手紙3章21節〜4章1節)

わたしたちはやがては滅びる肉の体を持って生きています。
しかしイエス・キリストの限りない愛に包まれることで、その人の"今"が肯定され、生きる価値と意味が与えられ、いつも新しい命に満たされていると聖書は語ります。

「主(しゅ)によってしっかり立つ」は、そんなキリストの愛にいつもつながっているとの確かな信頼を土台として、人の目や言葉を恐れずに、誇りを持って生きることです。
場の空気を読んだり,他人の顔色や評価で立ち位置を決めるのでなく、神の前で真実さを持ってぶれずに生きる、愛を備えた自立した人に成長していくよう導かれています。

暖冬で自然のリズムもずれが生じているようですが、春を迎える生きのもたちの準備は進んでいるようです。

図鑑や聞いた知識ではなく、小さな芽吹きや色の変化に目を凝らし、不思議さや驚きに心を動かされる体験を大切にしたいと思います。
命への謙虚さとおそれが、人を誠実な人間へと育てます。

各クラスでは、遊びを通して互いの気持ちを通じ合わせ、良いところを出し合って、一つのものを作り出せるよう、取り組んでいます。
それぞれの成長の姿は異なっても、協力し合うことで、達成感と自己肯定感を得ることができ、皆で喜べるのです。

先月に引き続き、健康に過ごすための基本的な生活習慣(手洗い、バランスの良い食事、十分な睡眠、温度に合わせた服の着脱など)が身につくよう、園と家庭で気をつけていきましょう。

あやめ幼稚園「園だより」より抜粋