園長コラム 
2018年度主題…イエスさまと共に生きる〜愛の交わりの中で〜

一覧へ

◎03月主題…期待する

年主題聖句:

愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。

(ヨハネの手紙I4章11節)

03月の聖書の言葉

わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる。

(新約聖書:マタイによる福音書28章20節)

この聖句は、マタイによる福音書の最後の言葉です。
イエスさまが人の罪によって十字架にかけられて死に、三日目に復活し、弟子たちと再会し、天の神のもとに還るときに語られた言葉です。

人は絶望や死に支配されるのではなく、いつも神さまからの新しい命の力に活かされて生きることができる、と約束されたのです。
いつも信頼できる方が共にいる、これ以上の安心はありません。

人は自分を全面的に肯定してくれる存在があることで、勇気と希望をもって前に進めます。
それは見えないけれども神がいつもあなたを愛してくださっている、ということなのです。

子どもたちは、それぞれの「強さ」も「弱さ」も感性の違いも、互いに認め合って、生活しています。
数々の思い通りにならないことやトラブルを乗りこえて、友だちや保育者に信頼を寄せ、安心して園生活を楽しんでいるようです。

園に集う皆が育ち合って過ごした一年を、喜びたいと思います。
別れには寂しさもありますが、それ以上にあやめで注がれた心の糧を土台とし、誇りをもって自立への道を歩んで行かれるように、神さまの愛による支えと導きを祈っています。

あやめ幼稚園「園だより」より抜粋