園長コラム 
2018年度主題…イエスさまと共に生きる〜愛の交わりの中で〜

一覧へ

◎09月主題…はずむ

年主題聖句:

愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。

(ヨハネの手紙I4章11節)

09月の聖書の言葉

イエスは上を見上げて言われた。…「今日は、ぜひあなたの家に泊まりたい」。
ザアカイは急いで降りてきて、喜んでイエスを迎えた。

(新約:ルカによる福音書19章6節)

ザアカイはロ-マ帝国に納める税金を厳しく取り立てる仕事をしていました。
同朋のユダヤの人々からは嫌われ仲間外れにされていたのです。

彼は町の噂になっているイエスを、ぜひ一目見たいと思い、小柄だったので木に登って遠くから眺めていました。

そんな傍観者の彼にイエスは目をとめ声をかけたのです。

ザアカイの利己的で意地悪な心が融け、イエスを受け入れました。
そしてこれまで自分がつらくあたったり排除してきた人々に対して、やさしさを注ぐ心が生まれたのです。

誰かに、また神に受け入れられる体験が、他者へ心を向け愛をもって関わる人へと成長させるのです。

災害に心を痛めつつ、あらゆる意味で平和の尊さを実感する夏でした。

子どもたちは夏休みの非日常的な体験を通して成長したことでしょう。
より豊かになった個と個が響き合いまたぶつかり合ったりもしながら、新しい仲間ができ、より発展した遊びが生まれます。
さらには2学期の多様な計画の中で、皆が一緒に心はずませて取り組む楽しさを経験できたらと思います。

季節の変化を園庭でも感じつつ過ごしましょう。

何より子どもの喜びを中心に思い、園と家庭とが協調していきましょう。

あやめ幼稚園「園だより」より抜粋