園長コラム 
2018年度主題…イエスさまと共に生きる〜愛の交わりの中で〜

一覧へ

◎05月主題…動く

年主題聖句:

愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。

(ヨハネの手紙I4章11節)

05月の聖書の言葉

わたしは良い羊飼いである。良い羊飼いは羊のために命を捨てる。

(新約:ヨハネによる福音書10章11節)

聖書の世界では、神と人間との関係を羊飼いと羊にたとえられています。
羊は紀元前7千年頃から西アジアで家畜化された動物で、自分の力では生きていくことが出来ません。

弱い羊を、命をかけてまで大切にするほどに、「わたし」=イエスさまは一人ひとりを愛されているのです。
熟練した羊飼いは、1匹1匹に名前を付けてその性格や行動を覚え、適切に導くといいます。

人の集まりにおいて、互いが「一人一人の名を呼んで」心にかけ、愛着をもって交わり、穏やかさのうちに成長できたらと思います。

様々な新しい出合いの中で、子どもたちは心が動かされ、今まで経験しなかった世界へと歩み出していきます。
他者と出合うことで自分の良さや個性を知り、他の生き物に接することで、自分の命の素晴らしさを知るのです。

子どもたちは"未知との遭遇"で自分の意に添わない経験もすることになりますが、それと折り合いを付けながら乗り越えるたくましさをも備えています。
その力を信じて、少しだけ離れて見守りましょう。園庭でいろんな生き物たちと戯れる時間も過ごせる季節です。

あやめ幼稚園「園だより」より抜粋